毛皮買取!気になる毛皮を高く売る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

買取実績が豊富な業者

毛皮の買取実績が豊富な業者ほど査定額が高くなります。
買取実績が豊富ということは、査定員の経験も豊富ということなので、正確な査定をしてもらえます。
逆に買取実績が乏しい業者は査定員の経験も少ないため、正確な査定ができません。
これではいくら高いブランド毛皮を売却しても高額買取は難しいです。

毛皮の査定にはそれ相応の知識と経験が必要です。
勉強すればすぐに覚えられるほど簡単なものではないので、正確な査定ができる人は限られています。
買取価格は査定員の力量にかかっているため、しっかりと質の高い査定員に鑑定してもらいましょう。
それが毛皮を高く売るために最も必要なことだといっていいでしょう。

業者の買取実績を調べる場合、インターネットをフル活用してください。
インターネットで業者のホームページにアクセスして、毛皮の買取に自信を持っているのかどうかをチェックしましょう。
自信を持っている買取業者は毛皮の高額買取を強調していますが、
それ以外のところはブランド品やジュエリーなどの買取を積極的にアピールしています。

基本的に毛皮の買取実績が豊富なところは毛皮の買取を専門に行っている業者です。
毛皮買取専門業者は毛皮の買取をメインに行っているため、他社よりも買取実績が豊富なので、
査定員の質も高いと考えていいでしょう。
ブランド品やジュエリーなど他の中古品も扱っている業者でも毛皮の専門部門を設けているところなら信用できます。

一番安く買い取りされてしまうのは特に専門部門を設けず何でも買取するような業者です。
他社と比べて得意不得意がないので、まとめて売りたい時に便利ですが、買取価格は期待できません。
査定員の質がお世辞にも高いとはいえないですし、商品ごとに最初から買取価格が決まっていることが多く、
本来評価されるべき部分が見逃されてしまう場合が多いです。
専門業者と査定額を比較すると数万円以上開きが出ることも珍しくありません。
リサイクルショップなどの何でも買取する業者は、街中にたくさんあるので利用しやすいですが、
高額買取を希望されているなら避けた方がいいでしょう。

毛皮買取専門業者はインターネットで検索するとたくさん出てきます。
お住いの地域に該当する買取業者がなくても、今は宅配買取や出張買取を行っているところが多いので、
どこに住んでいても売ることは可能です。
まずはどんな毛皮買取専門業者があるのかインターネットで調べてみてください。

買取可能範囲の広い業者

毛皮買取業者を選ぶ場合、買取可能範囲も必ずチェックしましょう。
買取可能範囲は業者によって異なり、狭いと自分が売ろうと思っている毛皮製品を買取してもらえない可能性があります。
何も調べずに店舗に売りに行って買取対象外だった場合、無駄足になってしまうので、
事前に買取してもらえる範囲を確認してください。

最初にチェックしたいのが取扱いブランドです。
ホームページや電話でどんなブランドなら買取してくれるのか把握し、売ろうと思っている毛皮が該当しているのか
確認しましょう。
シャネルやフェンディ、クリスチャン・ディオール、ルイ・ヴィトン、ミュウミュウ、グッチ、プラダ、
サルヴァトーレ・フェラガモ、フォックシーなどといった有名ブランドであれば、
毛皮の買取業者ならどこでも買取してくれるはずです。
問題なのがノーブランドや知名度の低いマイナーブランドです。
セールで買ったノーブランドのものや海外で購入したマイナーブランドのものだと買取してもらえない可能性があります。
ノーブランドやマイナーブランドの毛皮製品を買取してくれる業者は限られているので注意してください。
この場合はブランド物を専門に買取している業者よりも毛皮を専門に買取している業者の方が売れる確率が高いです。

毛皮と一言でいってもミンクやセーブル、チンチラ、フォックス、ブロードテール、リンクス、ラビットなど
色々な種類があります。
ブランドと同様、買取業者によって取り扱っている毛皮の種類が違います。
どんな種類の毛皮なら買取してくれるのか確認してから業者を利用してください。

そして、最後に毛皮のコンディションです。
少しくらい状態が悪かったり、使用感があっても買取してもらえますが、あまりにも酷い場合は買取を拒否されます。
買取を拒否する基準も業者によって異なるので、売ろうとしている毛皮の状態を確認した上で
どこに売ればいいのか決めてください。
例えば、水濡れてしまった毛皮や虫食いしてしまった毛皮だと買取できない業者もあれば、
問題なく買取してくれる業者もあります。
ずっと使っていない毛皮だとある程度コンディションが悪くなっていると思うので、
柔軟な査定を行っている業者を選びましょう。
ただ、スエード素材やフェイクファー、着用できないほどの汚れがある、破れが酷い、大量に毛が抜ける
といった毛皮製品は基本的に売れないと考えてください。
仮に売れたとしても大幅なマイナス査定は避けられません。

買取方法が豊富で対応がいい業者

自分の都合に合わせて買取方法を選べる業者を利用した方が何かと便利です。
利用できる買取方法は業者によって異なります。
以前であれば店舗買取がほとんどでしたが、今は宅配買取や出張買取を行っているところも多いです。

現在、店舗買取だけの買取業者は珍しくなっていて、大半の業者は店舗買取と一緒に宅配買取も行っていると考えてください。
出張買取を行っているところは店舗買取や宅配買取と比べると少ないですが、それでも昔よりは多くなっています。
毛皮製品をたくさん売りたいなら店舗に持っていくのが大変なので、宅配買取や出張買取がいいですし、
すぐに毛皮をお金に換えたいなら店舗買取がいいでしょう。

この3つの買取方法で注意したいのが宅配買取です。
宅配買取を行っている業者が増えてから、買取トラブルも増えています。
品物を発送したのに連絡がなかったり、代金が振り込まれない、キャンセルをしたくても断られる
といったトラブルが多くなっているので注意しないといけません。
宅配買取が利用できる業者はとても便利ですが、本当にそこを信用してもいいのか考えてから申込をしてください。
実店舗を持たない宅配買取専門の業者は何かあった場合に対処しづらいので控えた方がいいでしょう。
その買取業者を信用してもいいのか確認するために口コミを探したり、電話やメールで対応がどうなのか
確認するのもいいかもしれません。
電話番号が記載されていない、やり取りはメールだけ、メールを送ったのに返信がない、
電話をしてもいつも繋がらないといった業者は危険です。
電話がきちんと繋がる業者、メールの返信が早い業者、質問にしっかりと答えてくれる業者を利用してください。

そして、毛皮の査定や買取に余分な費用がかからない業者かどうかも重要です。
実際に毛皮の買取業者を調べてみると分かりますが、どこも基本的に査定や買取にお金はかかりません。
査定料・手数料・送料・キャンセル料・出張代などといった費用は一切無料です。
たまに宅配買取でキャンセルした場合に返送料が数百円かかる程度です。
お金がもったいないので、このような費用がかかる業者は利用しないでください。
仮に査定額が高くても費用が色々かかってしまっては手元に残るお金が少なくなってしまいます。
初めて毛皮の買取業者を利用する方だと上手く騙されてしまうことが多いので注意しましょう。
しつこいようですが、毛皮の査定や買取に費用は発生しません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket