毛皮買取!気になる毛皮を高く売る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

買取できない・高額買取が難しい毛皮製品

毛皮製品の中には買取できないものや高額買取が難しいものがあります。
これから毛皮を売ろうと思っている方は、あらかじめどんなものが買取できないのか、
値段がつきにくいのか知っておいた方がいいでしょう。

買取できない毛皮製品とはスエード素材のもの、フェイクファーのもの、着用が困難なもの、
大量に毛が抜けるもの、全体的に破れが酷いものです。
これらの毛皮製品は基本的にどこの買取業者を利用しても買取を拒否されます。
もう1つ注意したいのがブランドです。
高級ブランドの毛皮製品なら買取してくれますが、ノーブランドのものだと買取を拒否される可能性があります。
ノーブランドの毛皮製品を買取してくる業者は限られているので、事前に確認してください。
買取可能ブランドはホームページに掲載されています。
ホームページに掲載していない場合は電話をかけて聞いてみてください。
大手買取業者だとノーブランドの毛皮製品でも買取してくれる可能性が高いです。
当たり前ですが、偽ブランドの毛皮アイテムも買取してもらえません。
偽ブランドの毛皮アイテムを査定に出すと入手経路を聞かれる場合もあります。

値段がつきにくい毛皮製品は、ほつれがあるもの、カビが生えているもの、変色しているもの、リフォームしたもの、
毛がこすれて剥げているもの、ぺったんこになっているもの、毛にクセがついているもの、デザインが古いもの、
20年以上前に購入したもの、刺繍入りのもの、肩パットが壊れているもの、匂いがきついもの、
留め具が破損しているもの、汗シミがあるもの、シミがあるものです。
これらの毛皮製品は、買取はしてくれますが、高額買取にはなりづらいと考えてください。

ただし、買取できないものや高額買取が難しいものの基準は買取業者によって多少違います。
汚れが酷くても高額買取してくれる業者もあるかもしれないので、色々な業者に査定を依頼して、金額を比較してください。
買取拒否されたものでも他の業者なら売れる可能性だってあります。

売れるかどうか心配な毛皮アイテムの場合、いきなり買取には出さずにまずはオンライン査定を利用して、
値段がつくかどうかを確認しましょう。
そこで値段がつくようであれば、複数の業者で査定してもらってください。
買取業者では売れないようなものは、ネットオークションに出品したり、
フリーマーケットで並べてみるのもいいかもしれません。
どちらにしてもただ捨てるのはもったいないです。

高額買取が期待できる毛皮製品

どんな毛皮製品だと高額買取が期待できるのか気になりますよね?
もしかすると今売ろうと思っているものが高く売れる毛皮製品かもしれないので、
値段がつきやすい毛皮の種類やブランドなどを把握しておきましょう。

高値で取引されている毛皮の種類はラッコやモグラです。
チンチラ、ミンク、セーブル、ヌートリアといった毛皮を想像されたかもしれませんが、
実はラッコやモグラの方が価値が上です。
ラッコとモグラの毛皮は入手不可能といわれているため、多少コンディションが悪くても高値で買取してもらえます。
逆に高値になりにくいのがラビットです。
購入価格も手頃なため、買取価格もそこまで高くはありません。
ただし、状態が良ければ予想以上の価格で売れる可能性はあります。

ブランドも査定額に大きな影響を与え、有名ブランドになればなるほど高値で買取してくれます。
みなさんご存じのシャネル、フェンディ、クリスチャン・ディオール、ルイ・ヴィトン、ミュウミュウ、グッチ、
プラダ、サルヴァトーレ・フェラガモ、SOBOL、FOXEY、EMBAといったブランドは高額買取が期待できます。
少しくらい状態が悪くても高く買取してくれますが、綺麗な状態だと驚くほど高値で売れる可能性があります。
高級ブランドの毛皮製品はしっかりとお手入れをしてから査定に出すようにしてください。

高額買取を実現するには毛皮の種類やブランドも大事ですが、やはりコンディションも非常に重要です。
着用に問題がなければ基本的に買取してくれますが、傷や汚れ、破損、ニオイ、シミなどがあると当然査定額が下がります。
どのくらいダウンするかは買取業者の査定基準次第です。
クリーニングに出してから査定をしてもらうと査定額がアップしますが、あまりおすすめはできません。
毛皮のコートをクリーニングに出すと1万円以上かかることが多く、ものによっては3万円以上かかる場合もあります。
さらに裏地交換をするとしたら5万円以上、枝毛処理だと10万円以上かかってしまいます。
破れ・ホツレの修理でも1ヶ所8000円程度が相場です。
クリーニング代やお直し代をすると上乗せ額よりも高くつくケースが大半なので、そのまま査定に出してください。

一般的にこのような毛皮製品であれば、高額買取が期待できます。
流行や人気にも左右されるため、早めに売るようにしてください。
いつまでも売らずに持っておくと売ろうと思った時には既に価値がなくなっている場合もあります。

毛皮の保管方法とメンテナンス方法

毛皮は新品に近ければ近いほど評価が高くなります。
高く買取してもらうためにも毛皮の保管方法とメンテナンス方法を覚えておきましょう。
正しい保管方法とメンテナンス方法を覚えれば、いつまでも綺麗な状態を保つことができます。

・毛皮の保管方法
毛皮は日光や蛍光灯の光に弱く、浴びると変色の原因になります。
光が当たらない場所に通気性のいいカバーをかけて保管してください。
虫食い対策として防虫剤は不可欠ですが、使用する場合は1種類のみにしましょう。
2種類以上を使ってしまうと化学反応を起こして、シミができる可能性があります。
除湿剤を使用すると毛皮が硬くなってしまう場合があるので、使う際は注意してください。
型崩れを防ぐためにも幅広のハンガーを使い、十分な間隔を空けて吊るしましょう。
ショールやマフラーの場合も同じように保管してもいいですが、箱の中に入れて保管しても構いません。
アイロンをかける方もいますが、毛皮は非常に熱に弱い素材です。
裏地にアイロンをかけてしまうと毛が硬くなってしまったり、毛皮製品が破れてしまう場合があります。
シワが気になる場合はクリーニングに出すのが一番です。

・毛皮のメンテナンス方法
毛皮を保管していると毛癖がつくこともあるでしょう。
そのまま査定に出すと評価が低くなるので、毛癖を直してから売るようにしてください。
濡れタオルで毛癖の部分を軽く濡らし、手で毛並みを揃え、日陰干しをすると毛癖が解消されます。
毛皮のコート・ジャケットが雨や雪で濡れた場合、そのままにしておくと状態が悪くなります。
水をきちんと切ってから、乾いたタオルで水分を取り、日陰で自然乾燥しましょう。
飲み物をこぼした場合、まずは水分を吸い取り、絞った蒸しタオルで汚れた部分を軽く叩いて、汚れを取ってください。
糖分が残っていると虫食いの原因になるので、念入りに行いましょう。

このような方法で毛皮製品を保管したり、メンテナンスを行えば、査定額がアップします。
毛皮は新品に近いほど評価が高くなるので、できる限りのことは行ってください。
ちなみに毛皮製品は基本的に自宅では洗濯できません。
自宅の洗濯機を使用するとコンディションが悪くなるので注意しましょう。

売るためにクリーニングやお直しをするのはおすすめできませんが、これからも着続けるために出すのであれば、
全く問題ありません。
クリーニングに出すとまるで新品の毛皮のようなフワフワした状態になります。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket