どこまでもウォーターサーバー
どこまでもウォーターサーバー
ホーム > 健康 > 母乳と赤ちゃんの便秘は関係が深い

母乳と赤ちゃんの便秘は関係が深い

母乳で育つ赤ちゃんは便秘になりにくいと言われています。

 

母乳にはヒトオリゴ糖と呼ばれるオリゴ糖の一種が含まれており、これが腸内の乳酸菌・ビフィズス菌を増殖させるので、お腹の調子が良好に保たれるのです。

 

最近はミルクもかなり母乳に近づいていますが、それでも完全な栄養と言われる母乳にはまだ及ばない面があります。

 

このように本来は便秘、さらには下痢をも防ぐ理想的な栄養が母乳なのですが、完母の赤ちゃんでも便秘になることがあります。

 

このような場合には、まず母乳の質について考えてみる必要があります。

 

母乳の質は、お母さんの食べ物や生活習慣の影響を大きく受け、赤ちゃんにとっておいしくて体に良いものにもなれば、飲みにくくて体調を悪くするものにもなります。

 

例えば、お母さんの食べる物に揚げ物や甘いものが多いと、母乳はドロドロとして冷えやすいものになるといわれます。

 

このようなおっぱいは、赤ちゃんの腸を冷やしたり、スムーズな排便の妨げとなるので便秘につながりやすくなるのです。

 

また無理な産後のダイエットも栄養バランスを崩す原因となり、母乳の質を悪くします。

 

さらにお母さんの体の冷えは、母乳不足や質の低下にもつながります。

 

ですから、母乳の赤ちゃんが最近うんちの出が悪いなと感じたら、まずはお母さん自身の食事や生活をチェックしてみて、改善できるところがないか検討してみましょう。

 

そうして母乳の質を改善すると同時に、低下した分を補うために、しばらくミルクにオリゴ糖を混ぜて与えてみるのも良いかもしれません。

 

純度が高いオリゴ糖粉末であれば、赤ちゃんにも与えることができます。赤ちゃんの便秘の解消法はこちら