どこまでもウォーターサーバー
どこまでもウォーターサーバー
ホーム > 妊婦 > 妊娠悪阻では起床時の空腹のタイミングで具合が悪くなる

妊娠悪阻では起床時の空腹のタイミングで具合が悪くなる

生理のある女性については、妊娠を別にしても、貧血気味の人はかなりの数に上ります。

 

妊娠中に限定すると、貧血と判断される割合は3~4割にもなります。

妊娠の期間中は胎内の赤ちゃんが自分の血液を製造するのに母のカラダから鉄分を欲します。ですから、母親自身の鉄分は不足傾向になります。

 

 

こうした状態は鉄欠乏性貧血と付けられています。

 

妊娠して28~31週付近でよくみられます。妊婦さんは便秘に悩むことが多いものです。

分泌が活発化するプロゲステロンのせいで大腸の蠕動運動が弛緩するのと、巨大化していく支給が腸に圧力となり、動きにくくなっていくためにどうしてもスッキリできないのです。妊娠からくるプレッシャーなど精神的な要素が関係している場合もあります。活動する時間が減少するのも便秘の原因となりえます。魚の脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)であるDHA/EPAについては妊娠中だけでなく、妊活の時にも積極的に取り入れたい成分といえます。というのも、妊活の時からDHAを摂取していた人は、あまり摂っていない人に比較した場合、早産率がグッと低下するといわれているのです。そしてDHAは母親からへその緒を経由してオナカの赤ちゃんにも取り込まれますが、その大脳や神経が形つくられるのを援護するためにも不可欠の栄養といえるのです。貧血により母側の心臓は大変になり、症状として動悸・息切れなどがみられることがあります。

 

めまいと立ちくらみも症状の一つです。

 

 

 

疲労感がひどくて、体も重かったり、顔色も青くて元気なく見えます。

妊娠中の貧血が生じたとしても、直ちに胎児の成長にダメージが及ぶことはありません。

 

ですが、貧血のまま長期間過ごしていくと、胎児が成長していく上で問題となるかも知れませんし、そして妊婦のほうの体もかなり状態が悪くなります。無我夢中でやれることがあると、つわりが軽減されるかも知れません。

 

勤め人なら、はたらくことで気がまぎれる場合があります。

 

 

 

例えば、コンサートに行ったり、仲間内でペチャクチャ会話すると、その時間はつらさも薄れるかも知れません。

外に出るだけでも気もちが楽になります。静かに過ごせるところでゆっくりと時間をとるようにすれば気もちが楽になります。

葉酸は健康的な生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)を送る上で必須となる成分と言えますが、中でも急速に成長する胎児にとって葉酸が不足することで奇形などにつながる場合があります。

 

 

 

不具合が露呈しないためにママはしっかり葉酸を摂ることを勧められていますが、中でも葉酸が重要となる時期は、妊娠4週からはじまり、20週ぐらいまでとなりますから、望ましいのは妊娠を願望する時期から意識して葉酸を摂ることです。

 

 

妊娠悪阻の症状がひどいなら、胎児の栄養を心配する段階ではないので、喉にスルスル入っていきそうなものを無理せず入りそうな時に食べるようにしましょう。

 

 

 

家庭でも同居者はつわりがある人のいる前では、ニオイにクセのあるご飯は控えめにする気遣いが大事です。そしてどういうことか、自分の手で調理したものよりほかの人が作った料理が食欲が刺激されてはいります。

 

 

 

妊娠悪阻では起床時の空腹のタイミングで具合が悪くなるケースがあります。布団のそばにクッキーなど小腹を満たすものを用意しておき、動く前に空腹を抑えるとムカつく状態も幾らかなくなります。動いている間も空腹感が強くなるのを避け頃合いをみて間食するのがお勧めです。

 

さらに揚げ物やナマモノは無理でもクールなフードやすっぱいフードはスッと食せます。妊娠中のDHAサプリメントおすすめは?